フォーサイト日?記

アクセスカウンタ

zoom RSS speech

<<   作成日時 : 2011/12/17 23:20   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

先日 長男の結婚式がありました。

式の数日前に息子から電話で、式の最後の新郎の父の挨拶をして欲しいと頼まれていました。
家内には「お礼の挨拶をすればいいだけやろ」と言ったものの、内心では「いややなぁー」というのが正直な気持ちでした。(とは言え、大地震がおこって中止になればいいのになどと言う不謹慎な事は、微塵も考えませんでした

で、式の二日前にネットで検索して、ありきたりのお礼のご挨拶を文章にまとめてプリントアウトしておきました。
そして後は、式の当日に〆の挨拶として読みあげるだけの予定だったのですが・・・

前日の夜に家内の前で、練習に読んで聞いて貰ったところ、あまりにもつまらな気に「それで、いいんちゃう」と言う言葉が口をついて返ってきました。
なんとなく“カチン”ときた私は、結婚式当日の丑三つ時に元の文章に手を加え元の文章よりもかなり長い文章に作り直したものがこちらです。↓


私は新郎○○の父でございます。
両家を代表いたしまして一言御礼のご挨拶を申し上げます。

本日は、ご多忙中にも関わらず、このように多数ご列席をいただき
誠にありがとうございます。
また、ありがたいご祝辞と、励ましのお言葉をいただきまして
新郎新婦はもちろんのこと、私どもも身に余る光栄でございます。

新郎○○ではございますが、今でこそ孫の○○の父親然としておりますが
ちょうど本人が孫と同じ頃の、幼稚園の健康診断で左目が弱視と分かりまして
中学に上がる手前までの数年間、見えない方の目の視力を矯正するために
良い方の目にアイパッチと言うシールを貼って見えない状態にして
度の強い眼鏡をかけて過ごしていた、あの頃の小さな○○(息子)の姿が
今でも目を閉じれば瞼の裏に浮かんで参ります。
夏場などは、このアイパッチがむれて、目のふちをかぶれさせ、痛い思いをしたり
小さな子供からは、顔を覗きこまれて心無い言葉を口にされたことも度々あった
ようでした。

それでも本人から嫌がる事は無く、一応の視力が出るまで辛抱しおうした頑張り屋で
また、我慢した理由が「目が良くなるとお母さんが喜ぶから」と言う優しい心根の持ち主でもあります。
とは言え、性格は無鉄砲なところがあり、家内を心配させた事も一度や二度では無かったと記憶しております。

○○(新婦)さん、決して出来のいい息子ではありませんが、こんな○○(息子)を
生涯の伴侶に選んでくれて、本当にありがとう!
あなたのような明るい女性を娘として迎え入れることが出来ること、本当に嬉しく思います。
○○(息子)は、本当に幸せ者です。

本日両名は晴れて夫婦となりましたが、まだ世間知らずの未熟者同士でございます。
新しい家庭を築くその道のりは決して平坦ではないでしょう。
○○(孫娘)ちゃんの両手を二人で繋ぎ合い、いつまでも仲の良い家庭を築いてくれる事を切に願います。

まだ若い2人のことでございます。今後とも皆様のお導きが必要となることでしょう。
その際にはあたたかいご指導を何卒よろしくお願い申し上げます。

慣れない宴席で不行き届きの点もあったかと存じますが、どうかお許しください。
結びに皆様のご健康をお祈り申し上げ、両家代表のごあいさつにかえさせていただきます。
本日は、まことにありがとうございました。



結果、この挨拶はそこそこ評判が良かったのですが、息子のエピソードの件を読みだした辺りで、感極まってしまい不覚にも声を詰まらせてしまいました。

まあ、ここに到るまでに新郎新婦の友人の挨拶や、二人の幼少からのスライドや新婦から家族へのお礼等が布石になっていたみたいですが・・・・・


などと、言い訳がましい親父の話を聞いて下さり、本当に有難うございました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ!
本当におめでとうございました
出席させていただいた気持ちになれました!
年末にこの素晴らしい報に触れる事ができ、来年こそは良い年になるのではないかと・・・タケ家では来年は正念場の年となる事必定ですので、まさに吉兆でござりまする!
タケ
2011/12/19 20:18
タケさん、こんばんわ
情けない話ですが、人前で醜態を晒してしまいました。
まあ、タケさんの場合はこんなもので済まない事は容易に想像できますけど(笑)
いずれにせよ、来年はお互いに良い年になるように残り少ない今年に悔いの残らない日々を過ごしましょう。
11-11
2011/12/23 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
speech フォーサイト日?記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる