フォーサイト日?記

アクセスカウンタ

zoom RSS 蝉の声

<<   作成日時 : 2012/07/14 02:04   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

今朝、今年初の蝉の鳴き声を耳にしました。


それは自転車で通勤の途中に、近道の農道を走っていると、田んぼの向こうに見える公園の中から聞こえてきました。
記憶では、毎年初めて耳にするのは「ニイニイゼミ」の鳴き声と決まっていたように思っていたのですが、ジャン、ジャン、ジャン、ジャンという「クマゼミ」のそれでした。
しかも公園の前まで来た時に、一羽のヒヨドリが直ぐ目の前の地面に下り立ったかと思うと、くちばしにはなんと翅をばたつかせているクマゼミを咥えていました。(因みに13日の金曜日でした。)




そして、話は遡って一月前の13日(水)の出来事で、こういう記事を書くのは、あまり気が進まないのですが・・・

母の二つ下の女姉妹(故人)のご主人の告別式に行って来ました。
画像
道中の道の駅の施設で、次の日記でお世話になります。

画像
式場に行く前に、父の墓により、叔父の訃報を報告しました。

画像
斎場は、ちょうど2ヶ月前に叔母の葬儀の走って来た所で

画像
火葬場も2ヶ月前と同じ所で

画像
違ったのは、今回はお天気が良かった事ぐらいでしょうか

画像
これは、家へ帰る道中の京都府美山町で買った“桑の実”で、めずらしくて買ってみたのですが、一緒にいた母と店の小父さんは、「子供の頃によく摘んで食べましたよね」と話していました。
で、食べてみた感想は「甘酸っぱくて美味しい!」と言いたいところなのですが、美味しかったのは3/10程度で、残りはやたら酸っぱいか、味の無い水臭いものでした。



今までそれなりの数の葬儀に列席させてもらい、お棺の中の故人の顔をおがませてもらいましたが、今回の叔父の顔は生前とはすっかり変わり、面影も感じられませんでした。
原因は、叔父の死因が練炭による一酸化炭素中毒だったそうで、1月の終わりに家の中で倒れていた所を訪ねてきた親戚に発見されて病院に運ばれたのですが、亡くなるまでの間は意識も無いままの植物人間状態だったそうで、充分な栄養を摂る事が出来なかったからだろうと思いました。
今時は殆ど使われなくなった練炭ですが、叔父は暖房も兼ね料理の煮炊きにも使っていたそうです。
間違ってもキャンプのテントの中などでは使わないように気をつけなければと、叔父の死顔を想い出しながら思いました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
RSSで楽々ブログ更新ほったらかしアフィリエイト記事自動投稿マニュアルDXインフォトップ/インフォカ...
RSSで楽々ブログ更新ほったらかしアフィリエイト記事自動投稿マニュアルDX ...続きを見る
RSSで楽々ブログ更新ほったらかしアフィ...
2012/07/14 03:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
一酸化炭素中毒は怖いですね。合掌。先日、「やっぱ煮物は七輪だ」と思って探してみましたが、いつの間にか捨てられていました。今思うと、これ幸いかもしれません。桑の実なんて売っているのですね。タダで取って来るものとばかり思っておりました。
橋吉
2012/07/14 07:52
橋吉さん、おはようございます。
やっと近所の街路樹でも蝉の鳴き声が聞こえるようになりました。
練炭を使った七輪は、一人暮らしの叔父には暖房器具も兼ねた便利な調理器具だったようですが、取り扱いを間違ったのか、不完全燃焼の状態だったそうです。
桑の実は、生まれて初めて口にしましたが、試食で食べたものが美味しくて2パック買ったのですが、甘くて美味しい物は一割もありませんでした。流石に只だと文句も言えませんが、安かったのでやはり文句も言えません。
11-11
2012/07/15 08:04
こんばんわ!
不思議なものでお悔み事は続きますねぇ〜
本当に、練炭火鉢や七輪は気を付けないといけません!
山小屋で酔いつぶれてそのまま・・・
食事は小屋の外にしましょうね!
タケ
2012/07/15 23:03
タケさん、こんばんわ
本当に不思議なくらい弔事は続きますね、実は叔母4月と叔父の6月の間の5月にも、同じ場所で母の妹の義母様の葬儀があったのですが、流石に列席はしませんでした。(そういえば、父が亡くなった時も、3人続きました
日頃目にもしない練炭ですが、バイクに積んで走って来た方がいた事を思いだしていました・・・本当に、気をつけなければと思います。
11-11
2012/07/17 23:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
蝉の声 フォーサイト日?記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる