フォーサイト日?記

アクセスカウンタ

zoom RSS 源氏蛍

<<   作成日時 : 2009/06/10 03:02   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

夕飯を食べた後で思い立って源氏蛍を観に行きました。

昨年の日?記を読み返して調べたらそろそろ飛んでいそうな気がして、いつも観に行く山の中の小川を目指しました。
目的地に近づくにつれて気温が下がって来て、薄着で出て来た事を後悔しながらも目的のゴルフ場入口に着きました。
道中で蛍の姿を見る事が出来なかったので、少し時期が早いのかな・・と、思いながらエンジンをとめると、目の前は一瞬何も見えないくらいの暗闇になり、その中に小さな灯りを見つける事が出来ました。

暫く観賞していると車が入って来て家族連れが車から降りて蛍を見つけて追いかけ始めました。
捕獲して持って帰らないように注意しようと思ったのですが、ホタルを捕まえた子供が写真を撮って直ぐに放してあげているのを見て一安心して、近くを歩いて蛍が飛ぶ姿を楽しみました。

画像
帰りに明るいうちに下見しておいた蛍のいそうな道を走り、蛍がいないか確認しながらゆっくり走っていると山道を抜けた畑の横を流れる川の上空を沢山の蛍が飛んでいるのを見つけて

画像
11号を停めて蛍が飛び交う姿を楽しみました。

新しい観賞スポットを見つけて気を良くしていたので、その足で家の近くの姫蛍を観に行ったのですが、こちらの方は既に時期を終えてしまったのか一匹も見つける事は出来ませんでした・・
そう言えば先週末に観に来た時も少ない蛍の灯りはどこか弱々しく感じたものでした。
これで来年からは姫蛍の観察が終わると源氏蛍観察に移行するパターンが確立されたわけです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
蛍は画像では残念ながらよくわかりません。
肉眼でじかに見れたら、その神秘さに感動するのでしょうが。
蛍観賞に来ていた子供さんが、捕った蛍をすぐに放したことは感心ですね。
この子の親御さんの教育がすばらしいと思います。
ガス山
2009/06/10 09:30
「こら宇治のおっさんに習うたな、山城の名物のホウタル踊りちゅう踊りやねん」
「はあ、ちょっとこれは面白そうやなあ。ホウタル踊り」
「へえ。宇治の叔父貴が死んでから、まあ、これ踊るのは、わたいぐらいなもんでっしゃろなあ」
〜〜桂米朝上方落語大全集第一期第九集「いもりの黒焼き」より〜〜
むにゃあ ( ̄〜 ̄)
2009/06/10 15:09
こんばんわ!
拡大して見たら蛍2個写ってますやん!
え〜、あれは確か私が3歳の頃・・・も〜ええか
タケ
2009/06/10 19:06
ガス山さん、こんばんわ
>蛍は画像では残念ながらよくわかりません。
そうなんですよ、蛍の灯りを写すのは私の技術では無理なようです。(これでも沢山写した中でかろうじて確認できた写真です
最近は学校などでも環境に対する教育が進んでいるので、子供に教えられる事の方が多いのかも知れませんがこういう教育なら大歓迎ですね!

11-11
2009/06/10 19:22

むにゃあ ( ̄〜 ̄)さん、こんばんわ
山城名物のホウタル踊り、しっかりと隊長が継承していって下さい。
近頃は色んな所で蛍が観られるようになったという話をよく聞きます。きっと、むにゃあさんの近場でも結構飛んでる所はあるんでしょうね。


11-11
2009/06/10 19:43
タケさん、こんばんわ
>拡大して見たら蛍2個写ってますやん!
ありがとう、めったやたらに写しておいたらかろうじて小さな灯りが写ってました。
タケさんに教えて貰ったようにデジ一を持って行ったら暗くてシャッターが落ちませんでした(笑)今度、取り説を読んで勉強して試してみます。
11-11
2009/06/10 19:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
源氏蛍 フォーサイト日?記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる